歌詞「待ちわびた光」

「待ちわびた光」歌詞(英語名:Long-Awaited Light)

作詞:たじまよしゆき、青西高嗣
作曲・編曲:たじまよしゆき
Words written by Takashi Aonishi and Yoshiyuki Tajima
Music written by Yoshiyuki Tajima

風が吹き抜けてゆく
肩を抱くように
過去を流すように

街の雑踏さえも
心地良くほら(熱い)
鼓動になる

輝き続けると(幼い日々)
疑いもなく
信じてたあの日

無数の分かれ道(もう戻れない)
もう戻れない
優しかった日々

交わす言葉の中には
(その場しのぎの響き)
曖昧な響き
いつも誰かを捜して
(道なき道を)
道を行く

 朝よ待ちわびた光よ
 君は何を照らし
 誰の願い叶えるのか?
 空に思いきり描く
 この炎、このときめき
 この夢を決して失くさぬように

  行き止まり先へ行けぬならいっそ
  真横でも真上でも行けばいい
  かなり外れた道だったとしても
  間違いとわかれば先がある!

固く握りしめた(心の中に)
拳の中にずっと隠してた

本当の自分を(この瞬間に)
怖がらないで解き放とう

誰もが抱えて眠る
(痛く沁みる傷も)
拭えない痛み
そっと心に留めて
(道なき道を)
道を行く

 夜よ星の光よ
 君は何を映し
 誰のもとへ導くのか
 胸に強く刻む
 この炎、このときめき
 この夢を決して忘れぬように

 朝よ待ちわびた光よ
 君は何を照らし
 誰の願い叶えるのか?
 空に思いきり描く
 この炎、このときめき
 この夢を決して失くさぬように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です