歌詞「赤い灯火」

「赤い灯火」歌詞(英語名:Pilot Flame)

作詞・作曲・編曲:たじまよしゆき Words and music written by Yoshiyuki Tajima

遠く離れ行く街の灯にじむ
憧れになり切れず
揺れる灯火、吹き飛ばされそう

時代が変わるその時まで
静かに待とう
たとえどんなに苦しい夜も
姿を変える
懐かしい日々に
だから…

アレも違う、コレも違うと
“とりあえず”の繰り返し
試行錯誤
何度迷ったらたどり着くの?

アイツがどう、コイツがどうと
意味もなく比べても
支離滅裂
揺れる基準で何を測るの?

(Take a stand)
目の前にあるこのチャンス、
誰のため?
(Now it’s time)
狙い定めて手を伸ばす、さあ

 夢走りだす、さっとすぐに
 揺れ動く胸、ぐっとこらえ
 もっと熱く、もっと強く、もっと速く
 燃え上がる明日、ぎゅっと掴み
 この胸騒ぎ、じっと耐えて
 もっと熱く、もっと強く、もっと赤く

時代がどう、まわりがどうと
人は言うけれど
事実無根
確かなものはこの気持だけ

(Take a stand)
目の前にあるこのチャンス、
誰のため?
(Now it’s time)
狙い定めて手を伸ばす、さあ

 夢走りだす、さっとすぐに
 揺れ動く胸、ぐっとこらえ
 もっと熱く、もっと強く、もっと速く
 燃え上がる明日、ぎゅっと掴み
 この胸騒ぎ、じっと耐えて
 もっと熱く、もっと強く、もっと赤く

遠くかすかに光る街の灯見つめ
憧れを暖める
赤い灯火絶やさぬように
だから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です