歌詞「ユメのチカラ」

「ユメのチカラ」歌詞(英語名:Dreams)(夢のチカラ、夢の力)

作詞・作曲・編曲:たじまよしゆき Words and music written by Yoshiyuki Tajima

この小さなユメから
すべて生まれる、なにもかも
大切な、かけがえのない宝物

上手く育てば
やがてもうひとつ加わる
真珠のような素敵な贈り物が
キボウと呼ばれるチカラ添え

キボウというレンズがあれば
(明日が見える)
憧れも届くところに
(さわれるほどに)
現実が動き出す
ユメをつくる旅に出よう

 あぁユメの世界は
 自由なテーマパーク
 遊ぶほど踊るほど輝きは増してゆく
 ふと思うその寂しさも
 深みを増すための絵の具

 そうさユメの世界は
 自由なテーマパーク
 歌うほどはしゃぐほど喜びは増してゆく
 忘れられない悲しみさえも
 欠かせない彩り

 それがユメのチカラ

仕事に疲れてヤルキが出ない
ユメさえ見られない そんなときには
強がらないで すべて認めて
許してあげて
足りないものなどひとつもないと
気づけばキボウの風が吹く

ユメのチカラこの手にあれば
(なんでもできる)
ヤルキというアクセル踏んで
(チカラいっぱい)
焦点を定めたら
ユメ叶える旅に出よう

 あぁユメの世界は
 不思議なテーマパーク
 望むほど描くほど
 確かさが増してゆく
 いまだ消えぬ切ない思い出も
 ここに来るための道しるべ

 そう、ユメの世界は
 不思議なテーマパーク
 自分らしくいるだけで
 安らぎに満たされる
 心に残る癒えない傷も
 飛躍のための踏み台

 あぁユメの世界は
 自由なテーマパーク
 遊ぶほど踊るほど輝きは増してゆく
 ふと思うその寂しさも
 深みを増すための絵の具

 そうさユメの世界は
 自由なテーマパーク
 (自由なユメのチカラ)
 歌うほどはしゃぐほど
 喜びは増してゆく
 (不思議なユメのチカラ)
 忘れられない悲しみさえも
 欠かせない彩り

 それがユメのチカラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です